村上牛、鮭料理の
能登新(のとしん)は
創業二百七十年の老舗料亭です

能登新(のとしん)は江戸時代から続く創業二百四十年(創業一七七七年)を越える老舗料亭です。創業当時は現在の能登新の裏通りに店を構えておりましたが、広い土地を求めて大正時代、現在の場所へ移転。建築後すぐに隣家の火災により消失。その後、新潟の料亭を移築し、増改築をへて現在にいたります。
私どもが住む新潟県村上市は、自然が豊かで海の恵みや山の幸が一年を通じて沢山ございます。
村上には、村上の郷土料理である「鮭料理」や、日本一に輝いた「村上牛」を使った料理がありますが、特に、村上でしか食べられない鮭料理の中の「酒びたし」や「塩引き鮭」がおすすめです。また村上牛では村上牛本来の脂の甘味を活かした「にぎり鮨」がぜひ食べていただきたい一品です。そのほかにも日本海、三面川、朝日連峰の幸をふんだんに使った料理で、皆様のご来店を心よりお待ち申しあげております。どうぞご来店下さい。


平野歩夢
西郷隆盛が能登新で鮭料理を食べた!?
新潟日報(2015年12月7日発行号)と集友会・上越オーナーズクラブ会報「なじらね」(平成30年1月1日発行号)の「幕末維新グルメ物語」に西郷隆盛と能登新の鮭料理について掲載されました。

Copyright© 新潟県村上市 料亭 能登新 , 2018 All Rights Reserved.